Skip to content →

キムタクの話

なんだかダメです。
ダメダメです。

 

BEYAの時には
「どうせ誰も見とらんでしょ」
と思っていたので好きなことを書けたのですが、
(あとで怒られる)

 

今はあんまりヘンテコなことを書くと
撫子団に迷惑がかかるかもと思って
自粛してしまう。

 

この状態で書ける(万人ウケする)ことなんて
【ディズニーの歴史】か【美味しいラーメンの話】
くらいしか無くないですか?

 

へっぴり腰で書いてます。

 

でも今回はどうしても書きたいことがあって。
聞いてください。

 

 

キムタクってカッコイイのスタンダードじゃないんですか?

 

 

戸田の中ではキムタクってもう存在がカッコイイ
言わばカッコイイの代名詞みたいなイメージなんですけど。

 

それは見た目はもちろんですが
それだけじゃなく。

 

立ち振る舞いとか(会ったことないけど)
「出来ちゃう」スター性のある所とか(テレビの中だけど)
あれだけ「正統派のカッコイイ」を仕事としてずっとやってきているのって
とんでもなく凄いことなんじゃないかと思うんです。

 

「こんな姿もカッコイイ!」じゃなくて
カッコイイをやるべくしてやるというか。
逃げの無いカッコよさ。

 

戸田の中の
【腹筋の時に足を押さえて欲しい邦人ランキング】の
1位はキムタクです。

 

 

 

例えばキムタクの顔のパーツがそれぞれ1キロあって
眉毛×2
目×2
鼻×1
口×1
耳×2
土台×1

 

全部で顔面が9キロになるとしても戸田はあの顔になりたいです。
1キロの眉毛な時点でそもそもの定義がぶっ壊れそうですけどね。

 

どんな毛量だ。
そういう話じゃないか。

 

 

 

 

さらに見た目だけなっても惜しいので

あのスター性を維持するために
平日は毎日寝起き15秒以内にレモンを半玉食べなきゃいけない
縛りが組み込まれても戸田はそれを望みます。

 

 

レモンを半玉って数えるのか知らんけどね。

 

 

 

そのくらいカッコイイと思うんです。

そしてこれといってオチがあるわけでもないのです。

 

 

最近撫子団の字の汚さが露見したので
メンバーに書き初めでもやらせようかなと思ってます。

乞うご期待。

 

 

 

 

 

やばいキムタクパーツ1キロの件
歯忘れてた。

何キロになるやら・・・
やるけどさ・・・・

Published in ブログ